読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Idealink執行役員のブログ(AKIRAのブログ)

Idealink株式会社で働く執行役員Akiraのブログ

【抜擢人事による変化】Happy Valentines!!

Happy Valentines!!

 

当社の女性陣もこんな可愛いチョコタワー作って「わーキャー」してました。

f:id:akiran0119:20170216182722j:plain

#IL女子

#IL女子によるIL女子のためのバレンタイン

#俺はチョコが嫌い

 

 

先日は、豆まきもしました。

f:id:akiran0119:20170216182843j:plain

#IL鬼

#世界最大の豆は食べ物じゃナイ

#鬼は内

#俺のデスクにはピスタチオぉ

 

 

そんなこんなで第2期スタートしているワケなんですが、

2017年早々に掲げた抱負で早速効果が出始めているものがあります。

(抱負は、過去のブログで語っています。)

2017年の抱負「前心」あるのみ。 - Idealink執行役ブログ(AKIRAのブログ)

それは、

①「次世代のリーダー育成・抜擢」

これです。

 

抜擢人事をいかに促進させるか?

これについて、CA社 曽山さんも語っていますが、「決断」の「量」と「質」によって蓄積される「決断経験」によって人財の価値は決まると私も思っています。

www.kaonavi.jp

 

当社も抜擢人事を発表し、営業活動がスタートしましたが明らかに個々メンバーの「決断」の瞬間が増えたように見受けられます。

 

これは元々その事業のトップにいた役員に全てを委ねていたから行わずに済んだ

「決断」を今必死に自分たちだけで「決断」しているということ。

 

誰かに「やれ」と言われたことに対しての「はい」という決断ではなく、

自分たちで決断したものをどうにかして正しくする、

「正しかったんだ」と信じ込んで一生懸命前進する、

前例がないから信じるものは理念と目標と関わるメンバーしかいない、

だから自然と船が同じ方向に進み始める。

 

そんな姿を目の当たりにしています。

 

よく

「教育を受けたことがない」

とか、

「教育の仕方がわからない」

とか、

色々言われることもありますが、研修や読書で身につかない最も大切な「決断する」というアクションは抜擢人事しかないんじゃないかなとも思うこの頃です。

 

いま、社内は以前にも増して勢いと団結力が凄まじいです。

これに刺激を受けて、隣の事業メンバーもまとまりを見せています。

 

環境の変化がこんなにも雰囲気を変えてくれるとは思っていませんでした。

 

第2期始まったばかりですが、とても楽しみです!

 

私は必死こいて皆が頑張れるフィールドを作りますよーと。