読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Idealink執行役員のブログ(AKIRAのブログ)

Idealink株式会社で働く執行役員Akiraのブログ

【Idealink研修:Vo.4/K-1 GYM EBISU 小比類巻道場/小比類巻貴之氏】

Idealink研修

f:id:akiran0119:20160531182844j:plain

【Idealink研修:Vo.4/K-1 GYM EBISU 小比類巻道場/小比類巻貴之氏】

《世界チャンピオンが持つ勝者のメンタルと大切にしている3つのコト》

 

皆さん、こんにちは。執行役の尾上です。

約10年前、日本中がアツく燃えに燃えた「K-1 WORLD MAX」を覚えていますでしょうか?今回のIdealink研修は、その「K-1 WORLD MAX」で日本を最も熱くさせた男 “Mr.ストイック”こと小比類巻貴之氏に【世界チャンピオンが持つ勝者のメンタルと大切にしている3つのコト】についてお話いただきました。

 

★勝者のメンタル=「心の平熱」を保つ習慣
★大切にしている3つのコト=「あきらめない」「迷わない」「逃げない」

 

小比類巻氏は、弱いからこそ強くなりたい、と強く信じて世界のトップに登りつめた方で、一つ一つが実体験に基づいたお話だったので皆目を輝かせながら新鮮な話に耳を傾けていました。

 

その中で「小さな痛みを克服し努力することで強くなる」というテーマでお話いただいた際に実演された木製バット折り(ローキック)はあまりにも衝撃的で、悲鳴と歓声に会場が熱気に包まれました。

ちなみにコレです↓

【Idealink研修:Vo.4/K-1 GYM EBISU 小比類巻道場/小比類巻貴之氏】バット折り - YouTube

 

試合当日に向けて調整していく目標設定のお話や周りに支えられていることへの感謝のお話など、どれも日常のビジネスシーンに置き換えられる内容で非常に心に響きました。

 

Idealink全員が「心の平熱」を保ち、チャンピオンになるために「あきらめずに、迷わずに、逃げずに」戦っていこう!と強く思った研修でした。
小比類巻さん、ありがとうございました!

 

 

▼小比類巻貴之氏
サンドバッグと牛乳(小比類巻貴之オフィシャルブログ)
http://ameblo.jp/kohiruimaki/

・ISKAオリエンタル世界スーパーウェルター級 王座
・K-1 WORLD MAX 2004年 日本代表トーナメント 優勝
・K-1 WORLD MAX 2005年 日本代表トーナメント 優勝
・K-1 WORLD MAX 2009年 日本代表トーナメント 優勝

 

 

<受講したスタッフの感想を一部ご紹介いたします>
=====================
デザイナー:Fさん
・困難にぶつかったら少し距離を取って見る
・目標に向かってとにかくコツコツと続ける
・感謝の心を持つ

どの分野・世界に限らず一流の人というのは、
(もちろん全てではないけど)話されることに共通点があって、
今日、お話をお聞きしていて改めてそのことを実感しました。

その世界でアタマ取った方に、
同じ高さまで目線を落として話して頂けたということが、
非常にうれしく、ありがたかったです。

目標に向かって、迷ったら俯瞰し、常に感謝の念を持ち、
毎日愚直に努力を続ける。
それを成さないと人として一流の人間にはなれない。

簡単なようで非常に難しいですが、
少しでも一流に近づけるよう精進します。

 

営業:Sさん
一度チャンピオンになってから、そこから勝ち続けることってとてつもなく難しい。
何故なら挑戦者から防衛者に【立場】が変わってしまうから。
常に進化し続けているからこそ今もなおチャンピオンでいられるのだと思う。
これは会社も同じで、挑戦の心を忘れないことが我々がチャンピオンになる秘訣だと思う。

 

マーケッター:Mさん
これまで自分が積み上げてきた努力と
支えてくれる人たちへの感謝だけが
明日を生きる自信に繋がる
ほんとに強いひとは優しいひとでした!

 

営業:Nさん
痛みから学ぶということ、逃げたくなる弱い気持ちを
まわりへの感謝の想いや普段の積み重ねた経験から
前向きに、自信に繋げて立ち向かうというお話が
ものすごく説得力をもっていて心に刺さりました。

小比類巻さんのオーラすごかったです!
久しぶりに心拍数めちゃあがりました!

 

=====================
次回のIdealink研修は、未定です。
決定次第またアナウンスさせていただきます^^
=====================

 

f:id:akiran0119:20160531182825j:plain

f:id:akiran0119:20160531182844j:plain

f:id:akiran0119:20160531182848j:plain