読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Idealink執行役員のブログ(AKIRAのブログ)

Idealink株式会社で働く執行役員Akiraのブログ

【Idealink研修:Vo.3/戦略顧問(公認会計士)/冨岡氏】

Idealink研修

f:id:akiran0119:20160531182629j:plain

【Idealink研修:Vo.3/戦略顧問(公認会計士)/冨岡氏】

《ビジネスパーソンとして知っておくべきお金の話(会社編)》

 

皆さん、こんにちは。執行役の尾上です。

損益計算書(P/L)、貸借対照表(B/S)、キャッシュフロー計算書。皆さん、詳しく説明できますか?

 

経営者や事業責任者と会話をするうえで、切っても切り離せないネタですよね。今回、弊社戦略顧問(公認会計士)の冨岡。通称Tomにリアルな3月の当社の実績値をもとに、P/Ⅼ、B/S、CF計算書の三本柱を解説しながら説明してもらいました。

 

因みに、Tomは学生時代に公認会計士のバッジを取得し、大手監査法人、大手M&Aコンサルを渡り歩き前職時代のCFOとして共に同じ釜の飯を食べた仲間で「痛い事を、遠慮なく気持ちいいくらい、正面から言える」アツい男です。

 

今回もアツかったぜ!みんなに響いたようでとても嬉しかったです。

 

<受講したスタッフの感想を一部ご紹介いたします>
=====================
ディレクター:H氏
お金のこと、徐々に徐々に興味が大きくなってきてます。
無知な僕としては、未回収なのに何で売上に計上するの?って思ってしまいました。未回収時点では売上に計上しないというやり方を取ればいいじゃんと。
まぁきっと世界共通の大人の事情があるのだろうと思います。
弊社の損益計算書、売上が少ないのか人件費が高いのか・・・。
自分が失敗する=島袋さんが自己破産
これを肝に銘じて、そうさせないように働きます!

 

営業:Nさん
お疲れ様でした。
冨岡さんの研修を受けて、数字は苦手なイメージを持っていましたが
会計にもっと意識をもって仕事をしよう、しなければと思うようになりました。
お話しありがとうございました!

 

デザイナー:Fさん
それが全てではなく、あくまで全体を構成する中の一部だけど、
物事の判断材料として万国共通の尺度であるのが会計とのこと。
そしてそれは職種に関係なく自分に深く関係しているということ。

自分の中で漠然としていた会計に対するイメージの輪郭が、以前よりカナリはっきりしました。

字はアレでしたが、今日開いて頂いたセミナーで上記のことが理解できたのは、自分の中で大きなインパクトがありました。
字も同じくらいインパクトがありましたが…。

字はアレですが、「会計」の社会的位置を説明してから、「会計」の内容をご説明されるのを見て、『伝えるのが上手い人だなー』『話が面白いなぁ』と思いました。

冨岡さん、本当にありがとうございました。
これからもよろしくお願いいたします。

次は利き手で書いてください。

 

=====================
次回のIdealink研修は世界の格闘家、小比類巻貴之氏による
【世界1を目指すメンタルとは】を予定してます。
※社外の方でも参加を希望される方はご連絡下さい!
=================

f:id:akiran0119:20160531182629j:plain