Idealink執行役員のブログ(AKIRAのブログ)

Idealink株式会社で働く執行役員Akiraのブログ

【リーダーシップと人材マネジメント】GLOBIS体験記その②

今日はハロウィーンですね!

弊社も今宵はハロウィーンPartyでございますよ。

 

コスプレしたいだけの奴らが集まるいつもと変わらない宴会

シャンパンクラッカーいくら弾けても心の中はサーイレンナイっ。

楽しもう人一倍って思ってたはずが一人芝居・・・。

(一部歌詞引用。)

 

なんて夜にならないように適度に愉しみます。

さて、ココ最近の勉強。グロービスの続きを書きます。

 

 

突然ですが、

皆さんの職場にも怖い上司いませんか?

話しかけにくい先輩いませんか?

その先輩達に共通していることってなんですか??

 

さぁて、考えてみてください。

 

僕の周りにも居ました。

僕の中での共通点に過ぎないのですがその方たち、普段はめちゃくちゃ優しいんです。

プライベートの話をしている時や飲み会の時など「何で????」って思うくらい優しかったりニコニコしてたりするんです。でも仕事になると怖いんです。

 

何でだろう?ずっと気になっていましたが、ようやくわかりました。

感覚ではなく文字として、理解することができました。

 

その怖い上司先輩達には【傾聴力】が圧倒的に足りないのです。

(今回のグロービスの授業の中のほんの5分程度にしか過ぎません。)

 

よく営業のシーンでも【傾聴力】なんて言われますが、ここでの傾聴力は単なる【ヒアリング力】とは異なる【受容と共感の心】のことを言います。

 

部下が上司に対して「少しお時間よろしいですか?」と言ったとき、その方はどんなリアクションをしていますか?

 

「あと、5分待ってくれる??そしたら聞くよ!(目を見て)」

「ん?どうしたの?(即対応)」

 

これなら正解です。

 

「ん?なに?(表情カタイ。作業しながら)」

「忙しいからあとにしてくれる?(表情カタイ。作業しながら)」

「はい。どうぞ。(表情カタイ。作業しながら)」

 

これ、最悪です。

 

確かに、上司先輩も忙しいのでこのようなリアクションをとってしまう理由もわからなくもないです。

 

「別に仲良しこよしで仕事してないからいいじゃないか」そんな声も聞こえてきそうですが、そういうことじゃない。

 

部下は怖いリアクションをされた時、とっさにこう考えてしまうんです。

「(上司先輩が)怒らない言い方はなんだろう?」

「(上司先輩が)暇になる時間はいつだろう?」

「(上司先輩が)仕事以外の何か盛り上がる話もついでに持っていこうか?」

 

要するに、その上司先輩の今の感情や仕事の価値観に合わせたことしか考えられなくなり、最も重要な伝えなければならない仕事の話が早く正確に伝わらないんです。

 

これが連鎖することで仕事のスピード、質、共にどんどん低下していってしまいます。

 

目的が、仕事の重要な話を伝える

ではなく

目的が、機嫌を損ねないように仕事の話の伝え方を考える

に変わっていってしまう。

 

確かに、周りにいる素敵な上司やデキる先輩ってこのあたりのコミュニケーションめちゃくちゃ上手くないですか?

 

上に行く人は態度に余裕があったり、受容と共感が上手で包容力があるような気がして何でも相談できたり一緒に協力しようという気にさせられたりしませんか?

 

上に立つものは人格者じゃなければならない。

 

こういうところから始まるのかもしれませんね。

 

 

PS:今宵のハロウィーーーン、イカした写真撮れたらアップします。

 

 

では、こんなところで。

 

 

【リーダーシップと人材マネジメント】GLOBIS体験記その①

こんにちは。どもども。

 

いきなりですが、最近は驚くほど飲み会を程控えて仕事に集中している尾上です。

 

先日も飲みすぎで健康診断引っかかるし、ビビって人間ドック行く始末だし散々でしたが、今は仕事と勉学に集中できている非常に有意義な生活を過ごしています。

 

ということで、いきなりですが私は今【リーダーシップと人材マネジメント】を学んでいます。

 

何故この分野の講義を受けているかというと、私はバックオフィスの担当役員(現在は事業領域も持っていますが、受講した際はバックオフィス専門でした)として日々人事・総務・経理等々に従事しているのですが、その中で日々マネージャクラスのメンバーと会話をする機会が多くあります。

 

今までは組織運営を全て感覚論で伝えていましたが、組織を作って引っ張っていく側としてどうロジックをもって説明するか、ここに自分自身疑問を抱いていたのでそこを少しでもクリアにデキたらいいなという想いで受講にいたったワケです。

 

ということで、初日が終わりましたのでその中で気づいたことを書きます。

 

今回(Day 1)のテーマは

・リーダーシップとマネジメントの違いとは?

・企業経営におけるエンパワーメントとは?

こんなところでした。

 

結論、本を読めばわかる(笑)

いや既に感覚の良いヒトなら知っている内容でした(笑)

ですが、ですが、ですが、私自身とても収穫のある時間でした。

 

この分野は特に『答えがない』分野です。何せ経営資源の中の【ヒト】についての分野ですから。個々人それぞれの生い立ちや所属する企業文化によって考え方は全く異なります。

 

なので根本から価値観が異なるため、クラスでの受講中お互いの意見交換の際「何でそんな考えなんですか?」とか「ここを考えないのはオカシイと思います。」などなど、罵声っぽく聞こえるシーンも多々あります。

 

そりゃそうですよね。その価値観、手法で皆さん会社の中でそれなりの地位を築いていらっしゃるのですから。私みたいな27歳の奴を会社の中で扱うのに苦労する方も来ている中で私の発言で炎上するのは当然のことと思いました(笑)

 

ですが、重要なのはその意見交換ではなく【価値観の違いを楽しむこと】だと思いました。更に言うと、答えがないからこそ【考えの幅を広げるチャンス】であり【引き出しを増やすチャンス】なのだと思います。それを理解してくれる方が周りにいるかどうかわかりませんが(笑)

 

と、まぁまぁ感想はさておき。

せっかくなので、今回特に気になったことをメモがてら書きます。

 

クラスの中で「成果を上げるマネジメントとは?」というお題で議論する機会がありました。

私は、「成果を上げるマネジメントは予め決められた成果だけで評価をしてプロセスでは評価をしないこと。」なんてことを言ったら炎上しました。

 

私の中では、

成果(結果)=人(会社や上司)が決めるもの

プロセス(途中経過の頑張った or 頑張らなかった)=自分(の感覚)が決めるもの

だから自分が決めたもの(プロセス)で評価してくれ!なんて部下が発言するのは組織上オカシイからという理由があっての発言だったのですが、これが完全に真逆の方々が多くいらっしゃったワケです。

 

「上司からの目標を聞いてその目標自体微妙だったら目標の意味がないですよ。それで評価されたらたまったもんじゃない。」なんて声も聞こえました。

 

まぁ確かにそうなんですが、我々Idealinkの成果の出し方はこうなんですってことでその場は収まりました(笑)※我々にもちゃんとした評価制度がありますので勘違いしないでください!

 

ここには単純に組織の人数規模や携わるプロジェクトの成長成熟度合いによってもことなるのかなぁと【考える幅ができた】と思って次の議題に進みました。

 

とまぁ、こんなギャップが多々あるのですがやはり改めて我々Idealinkという組織は思いっきりベンチャー企業で成熟を目指して成長しようとしているスタート段階の会社なんだなと感じました。

 

自分たちのポジションを確認できただけでも大きな収穫かなと思います。

 

また明日はDay 2、この先Day 6までありますがどのような新しい考えに出会えるか今から楽しみです。

 

では、グロービスDay 1体験記はこの辺で。

 

 

 

【Idealink研修:Vol.9/株式会社トボガン/品川一治氏】

f:id:akiran0119:20170919152726j:plain

皆さん、こんにちは。

 

「普段なかなか関わることの出来ない方のお話を聞いて日々の業務に活かそう!」ということで始まったIdealink研修。今回で9回目を迎えました。

 

今回は、映像プロデュース業をはじめ広告PRなど様々なプロジェクトを海外中心に活躍されているトボガンの品川氏からこれまでの人生観や仕事観、業界のウラ話などをお聞かせいただきました。

 

なかでも「同じ日は二度と来ない」というフレーズは、品川さんのお話を聞いて改めて深く考えさせられるものがあり、目の前のことを一生懸命取り組むべき意味を再認識することができました。

品川さん、ありがとうございました!

 

f:id:akiran0119:20170919152527j:plain 

<受講したメンバーの感想を一部ご紹介いたします>

++++++++++++++++++++++
営業:Sさん
俺はそこまでの成功体験がまだまだまだ全く足りない。失敗も含めて、場数が少ない。
26歳で50歳の人間に勝つ方法は、若さと好奇心くらい。
50歳の人が50歳になってわかったことを僕は26歳で、受信した。
僕には24年のチャンスがある。
カズさんよりかっこいい50歳になれるかどうかは、
自問自答しながら、ただがむしゃらに今をやりきる。それしかない。

 

マーケター:Iさん
品川さんのお話、どれも説得力があって聞いていて面白かったです。
とくに「計画通りに行かないことを楽しむことが大事」という言葉が印象的でした。
目の前にあることを一生懸命やれば、それが5年後10年後30年後に思わぬ形で繋がるんだと聞いて
私も今のうちからもっと色々な経験をしなきゃなと思いました。
今回は貴重なお時間頂きありがとうございました!

 

デザイナー︰Iさん

品川さんのお話聞いてやっぱり「たのしい」ってすごいなって思いました。
ずっと「たのしく」をなによりも大切にしていたのですが、そうすると本当に世界がキラキラしてるし本当にたのしい。
idealinkとの出会いも含めてたくさんの素敵なご縁に恵まれて、いろんなことやらせてもらって。
自分がたのしくやってて自分のことサイコー!って思えてるときの力すごいな。

 

デザイナー:Kさん
本日は研修ありがとうございました。
品川さんの話、本当に面白かったです。
まだまだ短い人生ながら、「この時の経験がこんな風に活きるなんて!」という経験も少しはでてくるようになり、プライベート含め、いろんなことを経験したいと思って過ごしている自分には「人生は足し算」というお話は背中を押されたような気持ちになりました。
もし自分がしていることに今は疑問をもつことがあっても、いつか何かにつながるかも・・・と思うと楽しいです。
品川さんのお話は全体を通して、いろんなことをポジティブに考えることにつながっていて、素敵で、とても勉強になりました。

個人的には、最後におっしゃった「なんか言ってたくらいに聞いといて、世代が違うのだから、自分たちでつくっていくんだよ」というのが、カッコイイ・・・と思いました!!

 

アシスタント:Hさん
今日の品川さんのお話、トークがすごく上手いので聞いていて楽しかったので
あっという間の時間でした。
私が今までしてきた仕事も色んな経験ができて楽しかったし後悔もないですが、
ここに入って若いみなさんが頑張って働いてるのを目の当たりして本当に何度も
思ったこと。
なんで卒業してすぐにどこかの会社で働いて、事務なら事務の経験を積まなかったんだろうと。
30歳を超えてからのスタートなので何もわからず自分が情けなく感じました。
本当にスタートがこの会社で良かったです。
他ならきっと続いてないかもしれません・・
感謝を忘れずこれからも少しづつ出来る事を増やせていけたらなぁと思います。
++++++++++++++++++++++

f:id:akiran0119:20170919152612j:plain

 

指示待ちのワナ

この1年で太り過ぎて直立した状態で足の指すらも見えなくなってきたので、最近は徹底的に筋トレとキックボクシングで追い込み、早朝ランニングを繰り返してナイスバディになりつつあります。

 

<Akiraの1日>

am 7:00  5km〜10kmラン(西麻布・天現寺付近を中心に出没)

am 9:00  全てのSNSをチェック & ニュースを凝視(スッキリ派)

am 9:30  出勤(汗だく 代謝◎Yeah〜)

pm 12:00  Lunch de Link(弊社のランチ制度です)

pm 18:30〜 会食 or ジム or キックボクシング(会食がない場合はプロテイン)

 

完全にこの毎日です。

別に意識高いと言われたことはありませんが、「俺っち意識高ェ〜」って勝手に毎日思っているワケです。

 

調子に乗ってるので【Before & After】イッときます。

期間2ヶ月です。まだまだ攻めます。

f:id:akiran0119:20170720175248p:plain

 

というわけで、

だいぶブログを更新していなかったのでネタは山ほどあるのですが

【週末に行った無人島サバイバル研修】の話でもなく

【筋肉トレあるある】でもなく

【指示待ちのワナ】について感じることがあるので書きます。

 

仕事をしていると

「◯◯やっておいて。」→「はい。」

という上司・部下のコミュニケーションや

「◯◯をお願いします。」→「はい。」

という職種の違いからくる業務フロー上必ず発生してしまうコミュニケーションがあると思います。

 

当然「はい」「いいえ」のコミュニケーションが生まれるわけなんですが、

この中でも意識しないといけないことがあると僕は思っています。

 

この関係が当たり前のように続くとどうなるか・・・

「◯◯やっておいて。」と言う側=決断する側

「はい。」と言う側=こなす側

という構図が自然と当たり前のように出来上がってしまいます。

 

何をするにも【こなす側】は【決断する側】に聞き続けないと物事を進められなくなります。「◯◯はどうすればいいですか?」などと人任せになり何においても指示待ちが止まらなくなるわけです。

 

自分のアイデアや発想で解決=不正解

決断する側の指示を実行=正解

 

となり、正解を求めてこなす側は考えることを忘れてしまうんです。

あくまでもこれが続くとこうなるという話ですがこのワナに陥る人は非常に多いと思います。

こうなると考えることを忘れてしまうだけでなく、指示待ちが続くと責任逃れができてしまいます。一番"楽"だからそうなる人が多いのですが。

 

「いや、そもそも考える仕事くれないじゃん」という意見もありますが、これも指示待ち・責任逃れの一つだと思っています。

 

 

 

このようなコミュニケーションでは一番重要な【決断経験】を積むことができません。

僕はこれが【指示→実行】におけるコミュニケーションの中で最も気をつけないといけないことだと思っています。

 

我々も「やらされるだけでなく、自ら進んで自分ごとで決断していこう」という想いのもと事業を推進していますが、これは簡単なようで非常に難しいことだと思います。

どこまで自分で決断して攻めていいのかわからなかったり、決断してミスったらどうしようと不安にかられたり、責任負いたくねぇよとやらされ感があったり、様々な想いが弊害となって動けなくなるものです。

ですが、これを乗り越えてはじめて【決断経験】を積むことができると僕は思います。というかこれが出来るメンバーが増えていかないと我々の組織は一向に強くならないのです。

 

我々のような十数人程度の組織では各々が【指示待ち】ではなく【自ら進んで実行】しないといけないわけです。各々が【責任をもって】必死に取り組まないといけないわけです。

 

僕自身も会社の為に自ら仕事や情報を掴みにいって、多くの決断経験をして先導していかなければいけないなと書きながら思いました。

 

 

 

では最後に、僕の大胸きんに君に「重い物持ってください。」と指示を出してみることにします。取り組む姿勢とリアクションに期待です。

 

 

少々お待ち下さい。

 

大胸きんに君:「・・・。はい。照」

 

Akiraの心:(ダメかやっぱり。。。汗汗)

 

まだまだ僕の大胸きんに君は自分で考えることができないようです。

指示待ちきんに君ですネ。

 

お後がよろしいようで。

f:id:akiran0119:20170720180204j:plain

 

【Idealink研修:Vol.8/株式会社アップナレッジ/佐野公信氏】

f:id:akiran0119:20170525183620j:plain

皆さん、こんにちは。執行役員の尾上です。

 

今回は原点に帰り、メンバー全員のスキルアップを図ろうということでExcelの研修(全4回のうち1回目)を行いました。

続きを読む